FC2ブログ
11月3日(火 文化の日)「がらん」7周年記念のイベントを開催しました
7年間お世話になった地元の人や、
がらんにいつも来ていただけるお客様に
少しでも喜んでいただけるよう
都会生活にはない、田舎の良さを
地元の人とともに味わっていただきたく開催しました。

実際イベントは大好評で120人のお客様と30人のスタッフ
寒い日ではありましたが、秋の日差しのなか
皆思い思いにがらんの近辺を散策していかれました

10時オープン、もうすでに受付は列が出来て
3_20091107151657.jpg

バンドの人たちもふかし芋のお手伝い
5_20091107152956.jpg

廣瀬ちえチャンのランチボックス
6_20091107153914.jpg

ミッチャンの作った名古屋コーチンのうで卵 ふかし芋
その他にも激旨味噌おでん 蒸篭蒸し山采おこわ 等々
7_20091107154632.jpg

おばあさんたちのグリーンマーケット
8_20091107155121.jpg

がらんのコーヒーはユキチャンとトモエさんのドリップでした
9_20091107155506.jpg

熊谷ファミリーの大五平餅会場
まずは設営段階から
10_20091107155913.jpg
この七輪はイットウカンを再利用した自家製だそうです、いったい幾つ作ったの
11_20091107160837.jpg
寒いなかでほおばる五平餅は格別
12_20091107161521.jpg

イヅツヤマスターによるアウトドア焙煎教室
風が強くてなかなか難しかった
16_20091107165857.jpg

林昌寺住職による、座禅体験教室
1_20091110182318.jpg

林昌寺若住職によいる大人の紙芝居
名古屋女子大の先生並びに生徒さんたちによる私設託児所では子供の紙芝居も
2_20091110183701.jpg 3_20091110184016.jpg


こちらはヨガ体験講座
1_20091111172849.jpg

生活骨董の原田商店では有志によるフリーマーケットを開催
5_20091110185117.jpg

吟遊詩人達もいたるところで唄を披露してくれました
6_20091110185832.jpg 7_20091110190020.jpg


手書きの地図を製作してくれた服部君、独特のキャラ。
それにアシスタントの沖縄生まれのかわいいお姉さん
8_20091110190438.jpg

この様に過激にも平然と山岡ワンダーランドは無事終了しました
2_20091111172724.jpg

参加されたお客様にはすごく良かったので
また来年もやってください、との声もありましたが
次回は若い力にきたいして、バックアップできればと思いました。


























































11/06|がらんイベントコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
10月29日(金)野田雅子先生(製菓理論)のお招きで
中部製菓学校の生徒さんに、現地の写真を交えながら
コーヒーのお話ならびに、抽出方法について説明させていただきました。

中部製菓学校は実習に重きをおいき
最新鋭の施設・設備を備えた、素晴らしい学校でした。

実習室の大型モニターで
コーヒー農園や、生育段階、収穫、精製方法、等々
写真を見ながら説明させていただきました
1_20091106145714.jpg

コーヒー豆の種類並びに精製方法の見分け方
2_20091106150059.jpg

ペイパードリップの抽出方法
3_20091106151739.jpg

生徒さんにもトライしてもらいました
4_20091106152000.jpg

最後に生徒さんの作ったマフィンと
生徒さん自身の淹れたコーヒーで食事をしました
5_20091106152652.jpg

野田先生、生徒さんと一緒に記念撮影
6_20091106153247.jpg

学校でお話するのは初めてなので、大変緊張しました
もう少しわかり易くお話できれば、とおもったのですが
やはり中々難しい、もう一度勉強しなおさねば、
でもよい機会をくださった野田先生有難うございました












11/06|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
がらんは戦前に建てられた農機具小屋なので、修理が必要です
去年の秋には表の壁の修理をしましたが
今回は裏の窓のひさしの修理です。
まず、古くなって腐っている板をはがします
1_20090911132433.jpg
なれない即席足場の上で心配気です
3_20090911133039.jpg
4_20090911133226.jpg
骨だけ残して板は全部撤去しました
親骨はまだ全然なんともないので、そのまま使います
5_20090911133620.jpg
そして新しい板を張る前に防腐剤を全面に塗ります
6_20090911133933.jpg
周りは刈り取り前の稲穂の絨毯です
7_20090911134150.jpg
そして次の週、防腐剤も完全に乾いたので、
前もって長さも防腐剤も塗った板を貼り付けていきます
8_20090911134710.jpg

9_20090911134823.jpg

10_20090911135006.jpg
何処から見ても完璧に出来上がりました
11_20090911135234.jpg

12_20090911135330.jpg

13_20090911135425.jpg
これでもう30年は大丈夫です
しかし、板をはがした上の漆喰が剥がれてしまいました
漆喰はどうやって塗ればいいのか
文献を見て勉強しなくっては
やればやるほど仕事が増えるのです
本当にきりがない。
















09/11|お知らせコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
日本の農村百景に選ばれた岩村の城下町
ここから車で5分ほど行った小山のてっぺんに岩村茶寮はあります
ご主人が定年退職後、夫婦2人で始めた喫茶店です
この店の売りは窓から見える田園風景と美味しい珈琲
それにご主人がこだわったエビフライ定食(要予約です)
それではお店のご紹介、なるほどと思われるかも

看板も玄関も喫茶店らしくない和風のたたずまい、
しかし、このロケーションにはこれが妙にフィットしちゃっています
1_20090808110341.jpg

2_20090808110751.jpg

3_20090808110927.jpg
カウンターの中はシンプルでスッキリ
4_20090808111737.jpg
客席は茶と白の落ち着いた色ずかい
なによりのご馳走は窓から見える、岩村の田園風景です
5_20090808112115.jpg

8_20090808112155.jpg
春や秋にはテラスから庭を見ながらコーヒーを飲むのも
6_20090808112856.jpg

7_20090808112930.jpg

兎に角文句なしに気持ちのいいロケーションです
ここに座ってコーヒーを1杯飲んで深呼吸をすれば3年は長生きできるかも
アッ それにエビフライを食べれば(要予約)後2年プラスです

営業時間  AM9:00~PM5:00
定休日   月曜・火曜

住所     〒509-7402
        恵那市岩村町富田 864-18
TEL     0573-43-3977







08/08|イヅツヤ 豆取り扱いshopコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
大家さんが旅行に行かれるので、花ちゃんを1週間あずかることになりました
今回で3回目ですが、名古屋は山岡と違いすごく暑いので心配です
出来るだけ朝早くに焙煎を済まし、お客さんに分からないように店の中
に入れるのですが、犬好きのひとには直ぐにばれてしまいます
次の日にはチーズを持って面会にみえる人がいたりして
1_20090723162551.jpg
花ちゃん退屈なのか、バイトの智恵さんに腰つかったりして
ちなみに花も智恵さんもメスです
2_20090723162941.jpg
夜は我が家の2階の玄関に寝かせました
ヨの字の寝姿がかわいい
3_20090723163241.jpg
朝のお目覚め、よう寝たなあ、と背伸び
4_20090723163700.jpg
家の横の通路が花の運動場
山岡と違い窮屈そう。
5_20090723164820.jpg
そうこうしている内に1週間はあっとゆうまでした。
無事山岡に帰宅できました
8_20090521164252.jpg
そして花が戻ったその朝、ライダーが16人がらんに来ました
6_20090723165950.jpg
リーダーは仙人のようなお爺さんでした、年齢は分かりませんが。
7_20090723170205.jpg
礼儀正しい素敵なライダーたちでした
皆さんきつけてお帰りください、そしてまた来てください。
いつも変わらぬがらんでお待ちいたしております。















07/23|お知らせコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
5月末に芽が出てからほぼ2ヶ月、色々なものの収穫が出来ました
チシャバはもう6月から毎週採っても採っても生えてくる魔法の葉っぱです
今回は雨の降る前に芋を掘らねば腐ってしまうので、はやく掘りなさいといわれ
本当に出来ているのか恐る恐る抜いてみたら
ジャーン
1_20090709152506.jpg
こんなにすごい勢いでなっていたのでした
2_20090709152558.jpg
わずか4本の苗でこんなに取れました
3_20090709152710.jpg
作物というのは採れるときは一度で、それを少しずつ保存しながら食べていくのだなあと
あらためて、考えさせられました。
この他にもきゅうりとか
6_20090709153327.jpg
茄子とか
5_20090709153642.jpg
ブルーベリーも最盛期です
4_20090709154103.jpg
そのように感動していると、いつものおばあさんたちが、山のようにきゅうりや茄子や大根を
持ってきてくれました、何も苦労して作らんでも、と思うのですが、いざ鎌倉のときは
この訓練が役に立つことを信じてがんばります。
8_20090709154750.jpg
いつもの笑顔でご挨拶、いつまでも元気でがらんの美味しい野菜を御願いいたします
9_20090709154931.jpg

来週は大家さんが旅行にでかけるので、ハナチャンは我が家の預かり犬になります
ハナチャンの小旅行、乞うご期待
8_20090521164252.jpg











07/09|お知らせコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
順子さんがきてから、3週間たちました、ジャガイモの芽が出て、チシャバも収穫できました
にんじんはどうやらうまくめがでなかつたみたい。
1_20090521155338.jpg
じゃがいもの芽
2_20090521155537.jpg
今週また順子さんが来て、きゅうりやナスやその他の色々な野菜のためにアーチを作ってくれました
3_20090521155951.jpg
そして支柱を立て、真ん中には虫除けのためネギを植えました
5_20090521160506.jpg
そして苗と苗の間にはローズマリーの種をまきました
そして畑の土手端っこにミョウガの根を一列ずっと植えました
6_20090521161348.jpg
チシャバも収穫できました、まったくほったらかしなのに、ほとんど虫もつかず甘味があって美味しかった
7_20090521164101.jpg
はなちゃんも参加でした
8_20090521164252.jpg
がらん農園、こうご期待

















05/21|お知らせコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
今週がらんに行ったら、大きな畑が突然出来ていました
七人の小人の仕業かと思いきや、熊谷さんが先週のうちに
ベビコンで土を返しておいてくれたそうです。
こんなにデカイノデシタ
1_20090416160446.jpg

土を返したのはいいが、何をどう植えたらいいのか、皆目わからないので
自然農法の順子さんに電話して尋ねました
そうしたら後から行くわ、といって3時頃岡崎から飛んできてくれました
2_20090416165500.jpg
ジャガイモとにんじんと大根とチシャバを植えました
と言うか順子さんが有機肥料を持ってきて全部植えてくれました
3_20090416170352.jpg
チシャバもこの様に植えました
この白い粉は米ぬからしい
4_20090416170717.jpg
種のものは上から土をかけずに、足で踏むだけ
種が流れないように、上から新聞紙をかぶせました
この様に
5_20090416171450.jpg
ところうが今になってみると、何処に何を植えたのか、わからなくなってしまいました。
芽が出ればわかるぞ、といっては見たものの、本とにわかるかな。
分かるか分からないか、来週が楽しみ。
がらんの畑NO2、こうご期待。

ちなみに去年のパッチワーク農園は、1年寝かせます
来年のためにゆっくり休んでください。









04/16|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
4月10日(金)オープン

1_20090306173001.jpg

5_20090306174355.jpg

ここはお店です。
一見普通の住宅の中に、お洒落な「珈琲家」が誕生しました。
門からアプローチを進み、アーチをくぐり、そしてドアを開けてください。
そこには安らぎの空間、笑顔のスタッフ、そして香り立つコーヒーがあなたをお待ちしております。
是非一度ご来店ください。

・営業時間
    8:00~17:00
 ・予約制(水・木・金・土)
    19:00~22:00
 ・ 毎週火曜日 毎月29・30・31日 定休

〒483-8254
江南市 木賀町 新開 16
TEL 0587-55-8253

http://www.coffee-sugimoto.net/
03/06|イヅツヤ 豆取り扱いshopコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
釜山からソウルまでKTXで3時間半ぐらい
東京 京都ぐらいでしょうか、日本の新幹線より遅いような気がします
釜山えきはだだっ広い田舎の駅という感じでした
駅前には傷痍軍人などがいて歌を歌っていました

釜山えきです
1_20090130173641.jpg
KTXの車内です、すこし疲れ気味
2_20090130173754.jpg
ソウル駅からタクシーでホテルまで
部屋代はツインで1泊 5000円(2人)です
コンドミニアアムタイプで快適でした
ロケイションも中心地から歩いて20分ぐらいの便利さです
5_20090130175122.jpg

6_20090130175158.jpg

この日の昼ごはんは韓国冷麺、外気温はマイナス5度、この寒さに辛い冷麺がまたうまかった
ミッチャンがたべたつゆなし大辛冷麺、こてこてにかき回して食べます
7_20090130175912.jpg
こちらはぼくが食べた辛くないつゆ冷麺です、そのままそうめんのようにすすって食べます
8_20090130180117.jpg
どちらも味は一級品でした
またこの店のメニューは冷麺4種だけで、3階建てのビル、玄関を入ると下足番がいて
履物をそろえてくれます、下足番のいるラーメンやは日本ではちょっとない、
ちなみに1杯450でした円ぐらい

次の日の昼食は電車で1時間の場所にある待望の焼肉店です
漬け込みカルビーの発祥の店だそうで
朴大統領が通った由緒正しき老舗店です
やはり前菜は上品にして材料は豪華でした
10_20090131154957.jpg
これが漬け込みカルビーです
すこし甘めですが、しつこくなく、シンロなど強くて主張のないお酒に良く合う味付けです
11_20090131155309.jpg
この様に炭火で焼いて食べます
12_20090131160036.jpg
付け合せの野菜と肉をチシャバに巻いて食べます
この付け合せは生の根菜のひげと青菜を味噌の様なものとあえてあり、肉との相性は抜群でした
13_20090131155929.jpg
骨の周りに付いた腱も上手にむしって全てかんしょく
14_20090131162116.jpg
最後に白いご飯とこの石焼味噌汁が肉の脂を洗い流してくれて大満足でした
15_20090131162059.jpg
帰りに店の横をみたら、高さ1mぐらいある瓶がいっぱい積んでありました
キムチなどがつけてあるのでしょうか、半端な数ではないので驚きました
16_20090131163843.jpg
ちなみにこの店は高級店ですが、2人でシンロ2本いれて8000円弱でした、
円高のおかげでした。

この他にも色々たべてみましたが、こういう時なのでおもいきって一流店のものに挑戦してみました
やはりB級グルメとは違う満足感を味わうことが出来ました。

















01/30|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
お正月休みに韓国に行ってきました。
釜山から入り電車でソウル経由で帰りました。
飛行機で1時間半、本当に近い外国です、それに食べ物が日本人の口に合うのが嬉しい。
金融危機の影響でウオンが以前の半額近くに下がっているため、価値のある旅行が出来ました。
目的はただ食べること、保存食の文化に触れることです。

1日目の夜は釜山の街で海鮮バーべキュウです
2_20090123145000.jpg
えび、いか、蛤、ホタテかき、などにんにくを入れた甘酢やコチジャンなどにつけて食べます、2人で3500円ぐらいです。
1つのコースはたいてい2人分です、1人で食事することは想定していないのでしょう.
1人の時は屋台のような所で食べるのでしょう、
ご存知のように1つのコースを注文すると、最低でも5から6種のキムチや箸休めが付きます、
我々日本人にとってはこれだけで2合ぐらいいけそうです。

韓国のお酒はほとんどの人がこれです
1_20090123150337.jpg
シンロの2合ビンで、アルコールは20%から25%、1ビン210円です、これを2本飲むとかなりききます
我々は2人で2本にしておきました、味はあまりありませんが肉料理にはさっぱりしていて美味しい。

石焼味噌汁です
3_20090123151319.jpg
少し酸味があって、生きている麹の匂いのする味噌汁が沸騰した器ででてきました、海鮮の臭み
を洗い流してくれて、またシンロがすすみます。

チャガルチ市場です
4_20090123153849.jpg

5_20090123154008.jpg
生ものも半加工した保存食であふれんばかりです
6_20090123154240.jpg
ここで注文すれば2階の食堂で食べることが出来ますが、観光客相手なので我々はたべませんでした

次の日の昼ごはんは韓国うどんです
7_20090123154925.jpg
うづん好きの私にはスープといい麺のこしといい、85点をあげたい一品でした
日本でいう志乃だうどんでしょうか、魚のスープに塩味のさっぱかんがよかったです
1杯すうどんで200円ぐらいでしょうか
8_20090123155827.jpg
これは韓国まき寿司、中はたくわん、海苔の表面にはごま油がぬってあります、うどんだけでは
足らないので、2人でこれを1本頼みました。

次の日の朝ごはんは鮑粥と雲丹スープです
10.jpg
鮑粥はお粥の中に肝が溶かしてあり、鮑の切り身が4切れはいっています
雲丹のスープは塩味のさっぱりスープにわかめと雲丹がたっぷりはいっていました
11_20090123162400.jpg
値段は忘れてしまいましたが、さほど高くはなかったと思います
この味の奥深さとこの値段は一級品やなあ、と興奮気味にみっちゃんが言っていました。

第一弾釜山編はこのへんにしておきます、次は釜山からKTX(新幹線)でソウルへ
乞うご期待

おまけ
9.jpg
がらんの雪景色











01/23|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
桑名市大山田の住宅街に出来た、アットホームなカフェです
マイカル桑名の裏にあたるので、お買い物の時にお立ち寄りください。
002_20081114152848.jpg
http://cafetane.petit.cc

11/14|イヅツヤ 豆取り扱いshopコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今年はいつまでも暑いとはいえ、ここがらんでは朝晩はしっかり冷えてきました
そろそろ冬の準備をしなくてはなりません
まず網戸をはずして洗いました(夏から秋の間は虫がおおいからです)
1.jpg
網戸は全て水でよく洗い陽にあててよく乾かせてしまいます
2_20081023165708.jpg
次は一夏よく働いてくれた扇風機の掃除です、クーラーがないのでこの子達がたよりです。
来年も御願いいたしますと、心を込めて丁寧に
3_20081023170256.jpg
次は本命のマキストーブのメンテナンスです
まず本体の中の去年の燃えかすを丁寧に取り除きます
4_20081023170643.jpg
煙突を取り外してなかのすすを取り除きます
4_20081023170955.jpg
中はこんなにすすでいっぱいでした
5_20081023171211.jpg
取り外すことができない部分はぼろぎれを棒に巻きつけて掃除
6_20081023171606.jpg
7_20081023171744.jpg
そして現状復帰して完了です
8.jpg
冬の準備完了して一安心、来週もがんばるぞ
P1000083.jpg













10/23|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今がらんのまわりは黄金色の稲穂の海です
風にゆれる稲穂の波は見ているだけで気持ちが豊かになります
赤とんぼやバッタが飛び交い、クモは蜘蛛の巣をはって冬の準備に忙しそうです
3.jpg
4.jpg
5.jpg
駐車場にはコスモスの花が勝手に咲きました
6.jpg
来週にはもう刈り取りの時期です、この景色も一変して秋の顔になります
7.jpg






09/17|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
日本人がこよなく愛してやまない醤油味のうどんと遊び心いっぱいのカフェー
両方同時に楽しめるよくばりなお店です。
朝のモーニングサービスも充実して、コーヒーのアロマで満たされています
27.jpg
入り口を入ると金魚が泳いでいる池があります
28.jpg
カウンターの前の棚はとてもうどん屋さんには思えない和風モダンなつくりです
29.jpg
2階は結構広いレンタルスペース、今はアクセサリーと布の展示をしていました
30.jpg
トイレの洗面器には金魚がおよいでいました
31.jpg
すこしピンボケで失礼しますが、オーナーの新谷ゆりさんです、
とても素敵でパワフルな、たよれるお姉さんです
33.jpg

定休日   木・金曜日
営業時間  9:00~19:00

住所    〒470-0132
       日進市梅森町新田135-593
TEL    052-825-9796


















09/11|イヅツヤ 豆取り扱いshopコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
がらん は戦前の建物なので長年の風雨にさらされ、色々修理が必要です。
悪い所をはがして新しくしてしまえば一番簡単なのですが、それではがらんの良さがなくなってしまいます、
板一枚 釘1本できる限り今使っているものを流用するように心がけました。
建物正面の腰に張ってある杉板が、なかがわの壁土が落ちて大きく表に膨れてしまっているのです
とりあえず膨らんだ杉板を折らないように(からからに乾いているのですごくもろい)丁寧に取り外しました

23.jpg
壁土の中に通っている竹や板がネズミにかじられ壁土ごと全体に膨れてきたようです
断裂した竹は木ねじでとめ直し、全体に膨らんだ横骨は針金でたての親骨に固定しました
24.jpg
これで下地は完成、壁土の落ちたところにモルタルを埋めてゆきます
25.jpg
あとは元道理壊さないように板を張って色をぬって完成です。
26.jpg











09/10|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
三好町の少し奥まった住宅街にできたカフェー。
外は白のフェンスに散策路風につくった素朴な庭
中に入るとピンクとブルーを基調にした色づかいが、なんとも斬新な空間を演出しています

オーナーの中澤さんは毎日忙しく過ごしている方々に
 「すこしだけ ゆっくり 幸せな時間」
を提供できるような店にしたくて、つくったそうです

外壁はカントリー風の白い柵
134.jpg

入り口を入ると全体がピンクで統一、玄関右手の待ち席です
135.jpg

玄関から見た正面カウンターです
ソファーとステンドグラスが印象的です
136.jpg

137.jpg

窓際の庭の見える席
140.jpg

ゆったりとしたミーティングルーム、ここはブルーで統一です
141.jpg


エレガントな色ずかいのレストルームです
138.jpg

オーナーの中澤さんです
139.jpg

中澤さんの作られるケーキは存在感のあるしっかりとした味で、
濃厚なイヅツヤのフレンチブレンドにぴったりです
また、気持ちに余裕が出てきたら、限定のランチも提供していきたいということです。

   定休日    日・月曜・不定休有 
   営業時間   11:30~17:30  

   住所     〒470-0024
           愛知県西加茂郡三好町大字三好字上222-1
   TEL     0561-32-1492
           
















08/13|イヅツヤ 豆取り扱いshopコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
結婚式のお土産にイヅツヤのカップオンコーヒーとラスクをセットにしました。
どなたにも喜ばれる、かわいらしい手作りのお土産になりました。
131.jpg

132.jpg


08/06|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ジャガイモは地表に出ている茎が枯れたら地中にはもう芋ができているそうです、
恐る恐る抜いてみたら見事ジャガイモができていました。
126.jpg
ネギもジャガイモに圧倒されながらも生き延びておりました
127.jpg
トマトもめちゃくちゃできてびっくりです。
128.jpg
地を這うようにできたトマトは自然な甘味がありビュー地フルでした
129.jpg
そして我が家の食卓に上がったのでした、
130.jpg







08/06|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
がらん には毎日曜日の朝一番のお客さんがあります
それは3人のおばあさんです。
キシちゃん ヨッちゃん かつかわさん の仲良しトリオです。
ほんとうはここに飯羽のおじいさんが加わるのですが今日は欠席す。
毎回自家製の野菜をいっぱい持ってきてくれます
キシちゃんは一輪社でなすときゅうりです
221.jpg
こちらはヨッちゃん、お針が得意でがらんのコースターをいっぱい作ってくれます。
今日はトマトを持ってきてくれました。
222.jpg
こちらは勝川さん、やはりきゅうりとなすを持ってきてくれました
223.jpg
山盛りの野菜にみっちゃん大喜び
224.jpg
まずははなちゃんにご挨拶、山盛りのお菓子をもらっています。
今日はCBCのイッポウというニュース番組の取材と重なりました。
225.jpg
226.jpg
この後ご一行はいつもの座卓の定位置に座って、ひとしきりお喋り、30分ほどして平和にお帰りになります。
次回は飯羽のおじいさんもご紹介いたします。
こうご期待。


07/29|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
がらんの草刈をしていただけた熊谷さんにの御宅に招待されました、
草を刈っていただいたうえに申し訳ないやら、嬉しいやらで上機嫌でした。
熊谷さんのおたくは築百年以上のお宅で昔のままの生活が体験できる数少ないお宅です。
これは熊谷さん自慢の天然アユのむしやきです、頭から骨まで全て丸かじりできます。205.jpg
熊谷さんご夫婦です
206.jpg
ご馳走がいっぱい、宴たけなわ。
207.jpg
突然親戚の方が天然の真鯛をもって登場、ゴウジャスにも塩焼きにする。
208.jpg
みっちゃん突然の海山合体に上機嫌。
209.jpg
最後は焼きおにぎりの御茶づけでフィニッシュ、鯛も骨だけになりました。
210.jpg平和に宴会は終わり11時消灯
最後にはなちゃんの食事風景
212.jpg










07/22|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
先週ぼくが大変忙しかったので近所の熊谷さんに草刈を御願いし、きれいになりました。201.jpg
いよいよ本格的に収穫の時到来
202.jpg
なぜか花ちゃんも収穫に参加
203.jpg
ブルーベリーも最盛期
204.jpg
この様にして収穫した野菜でがらんのカレーは作られるのです、製作場面は次の機会に。




07/21|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
あれから1週間がたちました、今が一番雑草の伸びる時期です
0103.jpg


ねぎ じゃがいも畑もこの様に雑草の中に埋もれそうです
006_20080712135650.jpg


なすもトマトもこんな状態です
0104.jpg

0105.jpg


来週はいよいよ草刈をしなくてはなりません
0107.jpg










07/12|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
パッチワーク菜園を始めました
去年から少しずつやっていたのです、1mか1m50cmずつ耕して1年おきに移動していくという方法です、化学肥料や農薬はできるだけ使わず草もとらないでやってみようと思います。

この様に耕しました
006.jpg


奥からトマト 万願寺(京野菜) ジャガイモを植えました
007.jpg


先週トマトはこの様に実をつけて今週は食べれるかも
008.jpg


また別の場所ではジャガイモとねぎを一緒に植えてしまいました、なぜ? みっチャンがしたので僕にはわかりません
009.jpg


今ではジャガイモが勝ってねぎが負けました
010.jpg

011.jpg


レタスも植えたのですが、これは死にました
012.jpg


去年植え替えたブルーベリーは豊作、みんなで大喜びです、肥料も何もやっていないのですが・・・・
いまみっちゃんのつくるケーキやサラダに入っています。
016.jpg

017.jpg


明日天気がよかったらもう1枚土をはがして、秋に実のつくものを植えたいのですが、何がよいか思案中です。










07/05|お知らせコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
1_20090704170535.jpg

季節のブレンド、限定オークションの豆、ストレート珈琲,etc.
お好きな種類・量で詰め合わせいたします。
焼きたての新鮮な珈琲豆を心を込めてお届けします。
今年の夏も大切なあの方へ、
爽やかなやすらぎの贈り物をどうぞ。
06/28|お知らせコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ホームページのリニューアルを機に
「がらん」の始まりから現在までを紹介したいと思います。

まずことの起こりは私たち夫婦が山や自然が大好きで、
週末になると車に毛布を積み込んで御嶽山やら乗鞍やら夜中に走って行って、
車のなかで寝て朝珈琲などたてたりしてアウトドアまがいの休日を過ごしていました。

そんなある日の帰りに「がらん」の大家さんである堀さんのお宅に立ち寄ったとき、
中野さんたちそんなに田舎が好きなら、この前の農機具小屋を掃除して別荘がわりに使ったら、とゆうお誘いにすぐに載ってしまったのがはじまりです。
この写真が「がらん」になる前の外と中の写真です

001のコピー

駐車場はこんな状態でした
1のコピー

店の中はこんな状態でした
133.jpg

そして春になり木道を作りました
P1000844.jpg

木も植えました
2のコピー

オープンからはや6年がたち駐車場や庭はこのようになりました、そして新しい家族の花ちゃんも加わりました。
3のコピー


06/11|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

izutsuya

Author:izutsuya
珈琲豆のイヅツヤ
〒467-0047 名古屋市瑞穂区日向町2-29-1

イヅツヤ田舎店 がらん
〒509-7601 岐阜県恵那市山岡町久保原433

● イヅツヤ ホームページ
http://www.izutsuya-mame.com/

最近の記事
カテゴリー